当院について

ごあいさつ

ミズクリニックメイワン〈Ms.Clinic MayOne〉病院長の小林 浩です。
私は奈良県立医科大学産婦人科教授として2005年から15年間務めた経験を活かし、
奈良県の地域医療に貢献できるよう このクリニックで診療を開始します。

ミズ〈Ms.〉は、ミス〈Miss〉やミセス〈Mrs.〉と同様に全ての女性に対して使われる敬称です。
ミズクリニックメイワンでは、思春期から成熟期、更年期、高齢期までのさまざまな年代の女性の病気と
不妊に悩む世代まで、幅広い年代の女性に信頼していただけるクリニックを目指しております。

〈メイワン〉は、5月(May)1日(One)に診療開始することと、
May = かもしれない、One = ひとつの、ひとりの、
女性特有の病気や不安が昨日よりひとつでも減りますように、
ひとつの命がさずかりますように、
前向きに生きる女性の生活の一つひとつ、一人ひとりに合った治療をすすめて
いけるようにとの願いを込めて ミズクリニックメイワン と命名しました。

婦人科・不妊クリニックに受診するのは、ためらいや心配もたくさんあると思います。
婦人科担当医の私、小林と不妊担当医の橋本医師と今中医師の三人で最新の医療を提供してまいります。
どうぞ、ミズクリニックメイワン の扉をあけてください。

院長・スタッフ紹介

婦人科 担当医
院長 小林 浩

不妊治療 担当医
橋本 平嗣

不妊治療 担当医
今中 聖悟

産婦人科を志した当初から、生殖医療に携わりたいと思い研鑽を積んで参りました。奈良県立医科大学附属病院、ならびに関連病院で産婦人科全般について学び、生殖医療においてはIVF大阪クリニックにて経験を積んできました。奈良県立医科大学大学院医学研究科に進学し、ミズクリニックメイワンで勤務することとなりました。
私自身も治療経験者です。患者様ご本人はもちろんのこと、旦那様に対しても寄り添うことができる診療を心掛けております。
ホームページやクリニック内では不妊外来や不妊治療と表記しておりますが、私は妊娠外来や妊娠治療という言葉を使います。まずは言葉から、前向きな気持ちで治療に取り組んで参りたいと考えております。

略歴

平成23年
奈良県立医科大学卒業
平成23年
奈良県立医科大学附属病院臨床研修医
平成25年
奈良県立医科大学附属病院専門医養成コース医員(産婦人科)
平成26年
奈良社会保険病院(現JCHO大和郡山病院) 産婦人科
平成27年
奈良県総合医療センター 産婦人科
平成28年
奈良県立医科大学付属病院 産婦人科 医員
平成29年
大和高田市立病院 産婦人科
平成30年4月
医療法人三慧会 IVF大阪クリニック 医員
平成31年10月
奈良県立医科大学付属病院 産婦人科 助教
令和2年4月
奈良県立医科大学大学院医学研究科

所属学会

  • 日本産科婦人科学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本がん・生殖医療学会
  • 日本IVF学会
  • 日本受精着床学会
  • 日本産婦人科内視鏡学会

資格

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医